第17話 偉大なゆら母さん

僕のゆら母さんはに2回赤ちゃんを産んでいるんだ。最初は10頭生まれて、その中で僕が会っているのはカシスとカノンお姉ちゃん。他にも会っていると思うけど覚えていないんだ。2回目の出産で僕たちが生まれたんだ。僕の兄弟は全部で13頭。13頭の中ではじめにジェミニが産まれて、僕は2番目。ジェミニは今、熊本に住んでいるんだ。皆んな元気にゆら母さんのおっぱいを飲んで元気にすくすくと育ったんだ。ゆら母さんは女の子にしては体が大きくて、オッパイもいっぱい出たからみんなで取り合いっこしながらも仲良く大きくなったんだ。最初はオシッコもウンチも一人じゃできなかったけど、母さんがどっちも出るように教えてくれた。それとベットが汚れ無いようにもしてくれたよ。13頭の中でも僕が1番大きかったから、たくさん出るオッパイを確保してたんだって。和子ママが教えてくれたよ。ちょっとだけ恥ずかしいや。

目が開くようになってから、おっぱい以外の食べ物(離乳食)の食べ方をゆら母さんと和子ママに教えてもらったんだ。ゆら母さんおっぱいもすごくおいしいけど、おっぱい以外の柔らかな食べ物も好きだったなあ。離乳食を食べる頃にはウンチもオシッコも一人でできるようになったよ。生まれてから2ヶ月ははゆら母さんと一緒に遊んだり怒られたりしながらみんな大きくなったんだ。それから僕たちは飛行機に乗って横浜のパピーウォーカーさんのところへ。ゆら母さんとお別れしたよ。

僕はゆきこママのおうちに行くことになったんだ。

後で知ったんだけど、ゆら母さんは日本盲導犬協会に頼まれて赤ちゃんを産むんだって。

日本盲導犬協会には沢山の赤ちゃんを産むワンチャンがいるんだけど、その中でも1番たくさんいっぺんに赤ちゃんを産んだのはゆら母さんだけで、13頭は最高記録なんだって。その事は盲導犬協会のニュースになったんだよ。

そして僕たちパピーはそれぞれのパピーウォーカーのママの所でいろいろなことを教わりながら一歳を迎える。

ゆきこママとモネお姉ちゃんとパパは僕のことをそれはそれは大事に育ててくれて、やっていいこととだめなことをしっかり教えてくれたり、たくさん散歩に連れてってくれたりと幸せな時間を僕にくれたんだ。きっとゆら母さんも安心していると思ってたよ。

そして1歳になった時にまた協会に戻されてそこから盲導犬になるための訓練が始まった。

僕の13頭の兄妹のうち、ガーネット、ガーナ、グラフと僕の四頭が見事盲導犬になれたんだ。きっとゆら母さん喜んでくれていると思うよ。

僕が6歳の時にガーネットが病気になって、盲導犬を引退する事になった。

それからいろんなことがあってガーネットは無事ゆら母さんのところに帰ることになったんだ。去年春に僕が大分に行った時にガーネットにも会えたんだよ。

ゆら母さんの所には最初に生まれたカシスと盲導犬を引退したガーネットが帰ったんだ。

グラフとは協会の行事で会えたけど、地方に行ったガーナとはまだ会えてないんだ。

僕達が大分から帰ってきてすぐに、ゆら母さんの具合が悪いことを和子ママから聞かされたんだ。ママンもゆきこママもビックリしてた。だって大分で会った時は元気にしてたから。僕もビックリしたけど、病院に行けばきっと治るよねって信じてた。

でも病院に行ったら手術をすることになったちゃったんだって。ララちゃんも手術して貰って元気になったから、ゆら母さんも大丈夫だよねって僕は安心していた。とっても難しい病気だったみたいだけど悪い所を取ったからもう大丈夫だよね。

それからしばらく経った頃、ママンの友達で英会話の先生をしているマーガレットと通ってたチャーチで、僕はゆら母さんの事をずっと考えていた。チャーチではオルガンってゆう楽器で綺麗な音楽を聴くのが楽しみなんだよ。ハーネスを外して貰って横になってゆったりとしてるのが素敵な時間なんだ。

いつもチャーチに一緒に行っていたマーガレットが行かれなくなった日があったんだ。

その日はママンとパパと一緒にチャーチに出かけたんだけど、チャーチに入るといつもの雰囲気とは違って、牧師の洋子先生と信二先生が白い箱の前に立っていたんだ。

ママンが目に涙をためている。マーガレットの写真が飾られていて、沢山の人が並んでる。その中にマーガレットのご主人のトーチャンもいた。チャーチで会うのは初めてだったよ。マーガレットは白い箱の中で眠っている

牧師先生がお祈りして、「かみのみもとに」とか言ってるけど、僕には訳が分からない。

チャーチの中では小さな音楽が流れていて、誰もおしゃべりしない。しばらくたってママンたちがマーガレットが寝てる箱の中にお花を入れはじめたんだ。

「マーガレットにはもう二度と会えないのよ」って教えてくれた。

もしかしてララちゃんと同じなのかなぁ。寂しくなってその日は余りお腹が空かなかったよ。

それからはマーガレットの代わりにパパが一緒にチャーチに行くようになった。

トーチャンも来る様になったんだ。

それからしばらくして、ママンと和子ママ、ゆきこママとの話がバタバタし始めた。

ゆら母さんの具合があまり良くないみたいで、お腹がぱんぱんになってるって。

ご飯は少し食べられるようになったって聞こえて僕は少し安心してたんだけど、次の日の7月27日に入院して、その日のうちに具合がどんどん悪くなって、そのまま眠っちゃたんだって。もう二度と会えないのが僕分かった。ゆら母さんは手術してから3カ月頑張ったんだ。和子ママとパパでゆら母さんをお家に連れて帰って来たんだって。

僕達23頭の母さん、もう痛いところはどこも無くゆっくりと寝ているんだよね

偉大な母さんだったから

僕ももっともっとしっかりして、母さんに褒められるようにママンを守っていくよ

ゆら母さん此れからもずっと僕の事を見ててね

 

 

写真はゆら母さん、カシス、ガーネット

2枚目の写真はゆら母さん