第10話 真っ赤な丸いリンゴ

僕すごく大事なことを忘れてた。

僕には三頭の盲導犬になった妹がいたんだ。自分のことでいっぱいいっぱいですっかり忘れてたよ。三頭とも僕より先に盲導犬デビューしてたんだよ。妹の名前はグラフとガーナ、それにガーネット。みんなとっても可愛い子だよ。三頭ともゆらかあさんに似てるんだ。ちょっと僕とはあまり似ていないんだ。グラフは川崎で、ガーナは茨城で、ガーネットは富士宮にパートナーがいて、三頭とも赤ちゃんの時以来会ってないと思うんだけど、会いたいなー。みんな立派な盲導犬として頑張ってると思うよ。いつか会えるのを楽しみにしてるんだ。そんな時、かずこママとパパが横浜にまた車で出てくるってゆきこママとママンが話してるのを聞いたんだ。そこからゆきこママとママンが飛行機に乗って大分に行こうかって話してた。「ワォ!僕の生まれたところだ!」僕は飛行機に乗れるのかな?ちょっと心配。だってママンと離れちゃうかもしれないんだもん。でもまだまだ先のことなんだって。かずこママは10月がお誕生日なので10月に行こうかって話してた。今は1月だから、まだ9ヶ月も先の話。大分にはユラ母さんがいるんだよ。かずこママにもパパにも会いたいなー、でもまだ僕4歳になってないから4歳過ぎてからだって。楽しみに待ってなきゃね。

この前黒ラブ会であっくんといろはちゃんと僕とママン達と戸塚まで地下鉄に乗って初めてのお店に行ったんだよ。そのお店はとっても変わった臭いがしてたんだ。鼻につんとくる。色んな匂いがするんだよ。話を聞いてたらインドカレー屋さんなんだって。ママン達は久しぶりだからいっぱいいっぱい話してたよ。僕とあっくんはテーブルの下でお話ししてた。いろはちゃんはそれを聞いて笑ってたみたい。
帰りも3人で仲良く帰ってきてママンと僕は先に電車を降りたんだ。エレベーターを上がっていったらパパが迎えに来てたんだ。とっても嬉しかったよ。

3月になってゆきこママとモネお姉ちゃんとパパがいっぱいプレゼントを持ってきてくれたよ。僕の誕生日だったんだ。僕4歳になった。僕の大好きなリンゴを持ってきてくれたんだ。あの真っ赤な丸いがとっても美味しいんだよ。前にママンがそれはリンゴだって教えてくれたんだ。パパが最後に入ってきて、りんごの匂いがしたんで、うれしくってパパに飛びついて「ちょうだい!ちょうだい!」っておねだりしちゃった。丸かじりしている僕を横目にララちゃんは恥ずかしそうにしてりんごを切ってくれるのを待っていたよ。だって女の子だもの。
ゆきこママがブラックのラブのパピーと一緒に来て、僕が遊んであげたんだ。いっぱい走ったり、取っ組み合いしたりして、色々教えてあげたんだ。でもワンワン吠えてうるさいんだよ。吠えちゃ駄目って言ったんだけど、まだ小さいから無理かな?僕とってもお兄ちゃんになった気持ちになっちゃったよ。

写真はグラフと藤田さん

PAGE TOP